■ 世界観 ■
時代考証だとか、そういうものは一切無く…リアルとは次元の違う、ファンタジー世界と考えてください ww
世界には大陸と海があり、気候の変化や環境等は地球と同じです。 
ただ、不思議な植物が生えていたり、魔物が現れたり…ドラゴンが悠然と空を飛んでいたりはしますっ!


この世界では、魔術師・魔法使いなどが特別な意味を持ち存在しています。
一般の魔法使いはウィーザード。それよりも上級の魔術師はソーサラーと呼ばれていて、
2つある大教会のどちらかに属しています。
■ 舞台 ■
大小いくつもの公国から成り立つ"ルギオナ大陸"  古の大地と呼ばれる、広大な大陸が舞台です。
公国の仲には、仲が悪く時々小さな戦争を起こすところもありますが、聖地として有名な「ミスラル」は
永世中立。 ここにあるミスラル真教会が、物語の始まり地点です。w

■ ストーリー ■
遥か昔…
ルギオナの地に、偉大な魔術師がいました。 
その名は……"ゼフェル"
その頃ルギオナの各地では、公国同士の争いが絶えず…魔術師達の中にも
争いに手を貸す者まで現れていました。
世の混沌を憂えたゼフェルは、ふと思ったのです。

「争いをなくす為には、大陸を統治する事が必要だ」
「自分の力が、もっと強大だったなら…」

彼の考えは、とても危険なものでした。
長寿族の長であった友も、それを聞いて首を横に振りました。
けれども彼は、魔力を極め、力を求め、新たな力”メルトオーブ”を生み出し………
やがて目的を忘れ…魔に堕ちていったのです。

世に生まれてしまった魔王。

そんな魔王の暴走を止める為、長寿族と正しき魔術師達は力を合わせ
魔王に立ち向かいました。
何年も続いた戦いでした……。
それから漸く、多くの犠牲を払い勝利の時を向かえたのです。
しかし…それは完全な勝利ではありませんでした。

魔王の姿が消えたその後に、彼の生み出した"メルトオーブ"が砕け
五つの珠となって世界中に散らばっていったのです。
そしてもうひとつ、銀に輝く小さな光が……天に向かって飛び去っていきました。


数百年の後……────。
聖地ミスラルの教会で、1人の魔術師と、1人の聖騎士が
「ソーサリーオーブ探索の命を受ける事となるのです。

魔王の名を冠するハイソーサラー…ゼフェルの旅が始まります。
■ 用語辞典 ■ (随時追加していきます)
・ウィザード

一般の魔法使いです。  各地の街や村に、たいてい1人は住んでいます。
薬屋の代わりだったり、医者の手助けをしたり、付近の魔物退治をする者もいます。
地域貢献が、主な仕事?
・ソーサラー

ウィザードよりも上級の魔術師です。 ソーサラーになる為には、ミスラルかヘルヴェイド
どちらかの教会で最低2年以上修行しなければなりません。
ソーサラーになると、教会の所属となり、様々な仕事を任されるようになります。
・ハイソーサラー

ソーサラーの中でも最高位の魔術師を指します。 教皇、あるいは司教の認証により
"ふたつ名"と"印"を受けたものだけが、ハイソーサラーと呼ばれるようになります。
現在大陸に存在するハイソーサラーは5人のみです。
・オーブ

ルギオナ各地に散らばっている、魔王の力を封じた五つの宝玉。 ソーサリーオーブ。
持つものに力を与えると言われています。
元は"メルトオーブ"と言う魔王の作った力の塊でした。